ブエノスアイレス3-4日目

ブエノスアイレス3-4日目

無事LAに帰ってきました!ということで久々にまともな更新。ブエノスアイレス3日目から。この日までは土日でフリータイムだったこともあって観光が中心だったが、この日からは会社訪問がスタート。

<3日目(月)>

まず始めにユニリーバの工場を見物させてもらうことに。守秘義務等々で写真がお見せできないのが残念であるが、非常に近代化された設備でシャンプーやらの日用品が機械で箱詰めにされていく過程を見学できた。アルゼンチンは歴史的に労働組合が強く、労働機会を奪う工場の機械化は経営者を悩ますタネである。ユニリーバでは他では真似のできない手厚い福利厚生で労働者の不満をうまく退けているようだ。実際プレゼンテーションにいらっしゃった3名のうち2名は生え抜き社員で愛社精神は強いようだ。

一つ感じたとすれば、日用品でユニリーバやネスレのように高いシェアを占めている企業は非常に強い、ということ。シェアを維持するだけで各国のGDPの伸びに従って自然に売上が毎年5%、10%とか高い割合で上がっていく。経済危機下でも生活必需品の需要は大きく落ちず、低価格ラインに人が流れるだけなので比較的安定している。ちなみにアルゼンチンは3年の内1年は経済危機に陥っている世界的にも謎な経済危機大国である。長年に渡る政府のバラマキ政策によってペソの価格が維持できなくなりインフレに陥りやすいのが一つの大きな要因と言える。去年のインフレ率は40%だ。今年はさらに加速傾向にある。間もなく終わるクリスティーナ政権以降どうなるのか、誰も分からない。皆期待はせず待っている、という状況だ。

IMG_5770

昼は郷土料理?的なチキンのお茶漬けのようなランチをいただく。うーん。まぁまぁ。

その後はホテルに場所を移し某キャンディメーカー向けに学生からのプレゼンテーション。売上4,000億円、社員2万人という大きなキャンディメーカーが今後どうやって健康食品市場に参入していくか、という内容。他のチームがいいプレゼンテーションをすると嫌でもこちらの緊張感が高まってくる。我々のプレゼンテーションは木曜日。この日は月曜日なのでまだちょっと先の話。

IMG_5776

夜は川沿いのレストランでステーキを食す。アルゼンチンは物価が安い。感覚的には韓国くらいだろうか?レストランで安いワインのボトルを頼むと600円くらいである。ありがたやー。ただしミネラルウオーターのエビアンが500CC一本500円と異常なプライス。こうなるとよく分からなくなってくる。

<4日目(火)>

この日は紙を作っている会社に向けたプレゼン。結構エコに気を使っているようだが、まだまだ一般の消費者はエコだからといって1円多く紙にお金を払う人は少ないようだ。ここでも面白かったのは労働組合の話。去年は3回ストライキがあったそうで、そのうち一回は会社の出入り口にバリケードが築かれたそうな。違法行為ということで組合長を訴え、係争中とのこと。いやはや、身内で喧嘩とは恐ろしい話である。

IMG_5793

ペルーはリマに向けて移動中。こちら空港のインフォメーションセンター。各国の言葉で「インフォメーション」という意味の単語が並んでいるのだが、気になったのは「消息」。中国語ではインフォメーションを消息というのだろうか。

IMG_5802

ペルーにご旅行予定の日本人グループご一行。仲良くなって抹茶味のあめをいただく。

ペルー編に続く。

Comments are closed.